低用量ピルとは | 確実に避妊したい!そんな女性は低用量ピルを服用しておこう

確実に避妊したい!そんな女性は低用量ピルを服用しておこう

低用量ピルとは

茶色い顆粒の入ったカプセル

絶大な避妊効果をもたらしてくれる低用量ピルですが、避妊となるとなにか大掛かりな作用があるのではないか、と思っている人もいるのではないでしょうか。
実は、低用量ピルの働きは非常に単純なものなのです。
簡単に一言で言ってしまえば、「生理を起こさせる」というものです。
低用量ピルでは、生理を無理矢理起こさせることによって、妊娠を防ぐのです。
妊娠したかどうかを疑う時というのは、「生理予定日になっても生理が来ない」という状態でしょう。
毎月訪れるものがこない、ということは明らかに体内に異変がある、と思うはずですし、生理が来ないと妊娠している、というのは周知の事実でもあります。
そもそも妊娠の準備をするために生理は来るので、妊娠とは密接な関係性があります。
なので、妊娠したくない時には確実に生理が来るように低用量ピルでホルモン量を調整するのです。
まず、低用量ピルは生理終了後に飲み始めることになります。
低用量ピルには女性ホルモンが含まれているので、体内に十分な量の女性ホルモンが分泌されていると脳が勘違いします。
妊娠している時には生理は来ないものなので、低用量ピルを服用している時には生理はストップします。
そして、休薬期間というものがあり、その期間に生理が来る、というシステムで、これを続けることでコンスタントに生理が来るようになるのです。
つまり、生理による排卵を抑制することによって着床しにくい状態をつくりだし、妊娠しにくい体になるという仕組みなのです。
決して変なものを取り込んでいるわけではないので、安心して服用することができるでしょう。